イタリアンシェフがプロデュースするお漬物のカレーって!?アル・プラザ木津「古都カレー プルンニャカフェ」【ALCOグルメ / 木津川市】

ALCOグルメは記者が行った飲食店を紹介するコーナーです。

今回は2019年6月21日、「プルンニャ+cafe / プルンニャカフェ」さんが「古都カレー プルンニャカフェ」さんに生まれ変わると聞いて行ってきました!
(価格、メニューの内容等については2019年6月21日時点のものです。)

古都カレー外観画像

場所はこちら

(京都府木津川市相楽城西15)

アル・プラザ木津の1階、「レストラン街出入口」を入ってすぐ(右手側)です。

 

古都カレーのメニューは色々。さぁ、どれにする?

古都カレー店内画像

店内は「Kagu Cafe Higashimoto」さんの素敵な壁紙に彩られた華やかな空間。こちらのお店でいただけるのは、なんとイタリアンのシェフプロデュースのお漬物と合う「古都カレー」です。イタリアン×お漬物のカレーというちょっと珍しい組み合わせ、どんな味か気になりますよね!

さっそくメニューを見てみると…色んな種類があって選ぶのが楽しい!価格も680円(税別)からと手頃です。カフェメニューもありますよ。さぁ、どれにしましょうか?

古都カレーメニュー画像1古都カレーメニュー画像2

さっぱり爽やか!上品で奥行きのある風味はまさに「古都」。

古都カレー2種の画像色々迷いましたが、今回は「彩りお野菜カレー」(820円 税別)、「古都キーマカレー」(850円 税別)をいただくことに。

運ばれてくるなりカレーの良い香りが食欲を刺激します!美味しそうなカレーにらっきょう、たくあん、柴漬け、すぐき等々、色んなお漬物が添えられ(お漬物のラインナップは季節などによって変わります)、スパイスも散らされてとってもカラフル!

では「彩りお野菜カレー」からいただきます!彩りお野菜カレーの画像ひと口食べると…心地よいトマトの酸味が口に広がって爽やかな美味しさ!さっぱりとしていて、暑い日でも食べやすいのが嬉しいです。

上品な風味の中に奥行きがあり、お漬物とも相性ぴったり。まさに奥ゆかしい「古都」な美味しさです。お漬物の爽やかさが気持ちよくて、気付けばどんどん食べ進めていました。

そしてお漬物はもちろん、野菜もどれもみずみずしくて美味しい!カレーを食べていると時々可愛らしいホールのピンクペッパーが出てきて、それをカリッと噛むとまた爽やかな香りが口に広がったり…色んなお漬物、野菜、スパイスとの組み合わせに「あ、これ美味しい!」と、ひと口ごとに楽しい発見がありました。

では、「古都キーマカレー」もいただきます。つやつや輝く卵黄が美味しそう!古都キーマカレーの画像こちらのカレー、深みのある味わいの中でお肉の美味しさが引き立っていたのが印象的でした。お肉の香りが鼻にぬけて「美味しいな~」と、ついうっとり。

卵黄をつぶして一緒にいただくと、卵のコクがカレーの美味しさと相まってさらに濃厚な味わいに!そして色んなお漬物のアクセントを加えながら、またカレーやライスを味わう…もう幸せが止まりません。

今回いただいた2種類のカレーは、どこを食べても美味しくて大満足でした。どちらが食べたいかはその日の気分次第。美味しいカレーを食べた幸せの余韻にひたりつつ食後にコーヒー、という楽しみ方も良いですね!

 

イタリアンシェフならではの発想で生まれた美味しいカレー

井村シェフの画像

古都カレーをプロデュースされた井村シェフはイタリアンのシェフでいらっしゃると同時に、これまでスパイスカレーや欧風カレーなど様々なカレーを食べ歩きしてこられた経験の持ち主。ご自身の経験を活かし、今回「イタリアン×お漬物カレー」の美味しい化学反応を実現!そんな古都カレーについてお話をうかがいました。

井村シェフ2

「せっかく来店していただくなら、お家のカレーとはまた違ったものをお出ししたい」と井村シェフ。イタリアンシェフならではの視点で、ルーにはトマトジュースで漬け込んだ高級なホールトマトをたっぷりと使用し、レベルの高い酸味を演出。

また、お漬物に合うようにと醤油、こうじ味噌、白味噌を鰹だしでのばし、スパイスは乾燥させた実山椒をガラムマサラに使用するなど、様々な和の素材を使用。仕上げには山椒入りのスパイスをペッパーミルで散らすというイタリアンならではの発想で、食のジャンルを超えたカレーが完成しました。

味噌のバランスやトマトの量などは色々と研究された結果、ほんの少しだけ味噌を感じ、トマトの酸味が心地よく味わえる絶妙なバランスに。お漬物と合わせた時に美味しくなるよう考えられているそうで、実際にいただいた時もさっぱりとした中に奥行きを感じ、和の要素もあってかお漬物と本当によく合うカレーだと思いました。

また、キーマカレーはボロネーゼの感覚で作っておられるという驚きの発想!合い挽き肉を鉄のフライパンで強火ソテーし赤ワインを加えるなどして、まろやかな風味と美味しい食感を楽しめるように仕上げておられるそうです。

これからますますカレーが食べたくなる季節。こんな「古都カレー プルンニャカフェ」さんのちょっぴり珍しくてとっても美味しいカレーはいかがでしょうか?後ひく美味しさを楽しめますよ!

 

古都カレー プルンニャカフェ 店舗情報

  • 住所 京都府木津川市相楽城西15
  • 定休日 水曜日
  • 営業時間 11:00~18:00(17:00 L.O.)
  • 電話 0774‐66‐2979
  • 駐車場 有
  • 禁煙/外に喫煙スペース有
  • ベビーカー・車いす利用可

 

◆木津川市のお店
「パン屋のキッチンsadacoro / サダコロ」
「SNOB Cafe / スノッブカフェ」で朝フォー体験!

◆グルメ記事一覧はこちら

◆ALCOではtwitterfacebookで記事の更新をお知らせしています。是非フォローして下さいね!