木津川のパン屋さん「パン屋のキッチンsadacoro(サダコロ)」【ALCOグルメ】

ALCOグルメは記者が行った飲食店を紹介するコーナーです。
今回は木津川市にあるパン屋さん「パン屋のキッチンsadacoro(サダコロ)」さんに行ってきました。
(価格、メニューの内容等については平成30年7月13日時点のものです。)

場所はこちら


実は今月、「ツナグ市 ツナグ。 × FOOD」で「sadacoro(サダコロ)」さんのバゲットをいただいて「美味しい!」と感激していたのですが、それもそのはず。こちらのお店のハード系のパンには、無農薬の滋賀県産小麦粉をなんと石臼で挽いてブレンドしておられるんです。「挽き立ての小麦粉はぜんぜん違うんですよ」とお店の方に教えていただき、「だからこんなに美味しかったんだ!」と合点がいきました。

さらにパンの製法にもこだわりが。すべてのパンの生地は前日に練っておき低温長時間発酵させる事で、小麦の美味しさとしっとり感がより長持ちするように作られています。ちゃんと袋に入れて保存しておけば、次の日も美味しくいただけるそうです。嬉しいですね。

フィリングは自家製のものを使用し、野菜や餡などにもこだわっておられます。素材はできるだけ農家さんの顔の見えるものを、という事で美味しいだけでなくとっても安心。野菜はできる限り無農薬、低農薬のものを選ぶようにされています。食べる人の体の事をこれほどまでに考えておられる優しさ。その「心」が伝わっているのでしょうか。サンドイッチも人気で、リピーターが多いそうです。

お店にうかがった時、ちょうど「パンドロデヴ」の焼き立てがありました。試食させていただくと外はパリッ、中はむぎゅっとした食感で、シンプルな中に奥行きのある味と香り…これはクセになりそうです。はかり売りなので好きな分だけ買えますよ。金・土の13:00~14:00に行くと焼き立てを買う事ができます。

ちなみに食パンは木・金・土の12:30くらいまでに焼きあがるそうですよ。

色々あって迷ったのですが、今回は4種類のパンを購入しました。

人気の「赤米黒米玄米トースト」は切った瞬間、ふわ~っと香ばしい香りが漂ってきて驚きました。噛めば噛むほど美味しくて、何もつけずに最後までぱくぱく食べてしまうほど。
天然酵母を使用した「フリュイカンパーニュ」にはオーガニックのレーズンやオレンジ、クランベリーが入っています。甘酸っぱくて大好き!
「くるみ大納言あんぱん」には餡がぎっしり詰まっていて、ごろっとしたくるみともっちり生地との相性が、もう最高。
「チーズ チーズ チーズ ボード」にはブルーチーズ、ゴーダチーズ、ペッコリーノチーズが贅沢に使われていてチーズ好きにはたまりません。あ~、幸せ。
どのパンもしっとり、もちもちとした生地の食感を楽しめて、噛むほどに美味しさが広がって、素人の私でもはっきりと「素材が生きている!」と感じられました。

素敵な店主サダコさんのココロが感じられる「sadacoro(サダコロ)」さん。パン好きの方にはぜひ一度行っていただきたいお店です。

イートインもできるので、可愛い店内でゆっくり楽しいひと時を過ごすのも良いですね。

なお、8月は基本的にお店はお休みとのこと。8月中にもイベントなどでOPENされる日があるようなので、ぜひお店のFacebookInstagramなどでチェックして下さいね。

【パン屋のキッチンsadacoro(サダコロ)】
住所 京都府木津川市城山台13-21-3
TEL 0774-26-6903
営業日 木・金・土(8月はお休み)
営業時間 10:00〜18:30 (イートイン 11:00~)
駐車場 3台
※店舗情報は平成30年7月現在のものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!