クイズ:和束町が全国1位で約「6.6」!これ、何の数字?

クイズ:京都府の和束町が全国の市町村別ランキング1位で約「6.6」!これ、何の数字?
石寺の茶畑の写真

答えは次の会話に出てきます。

和束町が全国1位!

これは絶対「お茶関係」やな!

そやな、それは間違いない。でも「6.6」って何やろー? 

ろくろくさんじゅうろく!

何やろ~?

無視…。

あ、お茶の時間が1日平均6.6回とか!

お茶しすぎやろ。朝、昼、晩に2回ずつ。いつ働くねん。

じゃあ何?

…前、「お好み焼・焼きそば・たこ焼店」の人口当たり事業所数ってあったやん。

うんうん。

せやし「お茶屋さん」の人口当たり事業所数ちゃうん?(何人当たりか知らんけど。)

………うーわ、すご!ほとんど正解やで!「茶・コーヒー製造業(清涼飲料を除く)」の「人口1千人当たり事業所数」やって!

うそっ!すごい!天才! 

まぁ天才ってほどではないけどな。

いや天才やん。天才って言って!

天才やな~!

へへへ~っ。

いざ褒められると弱いやつ…。

というわけで、答えは「茶・コーヒー製造業(清涼飲料を除く)」の「人口1千人当たり事業所数」でした(平成28年経済センサスより)。

ちなみに2位は静岡県の川根本町、3位は静岡県の牧之原市、4位は鹿児島県の南九州市と続き、5位は京都府の宇治田原町でした。この数字で「住民にとっていかにお茶のカラーが強い地域か」が分かるのではないでしょうか。

資料元:総務省統計局HPより 「ランキングでみた産業別・地域別の経済活動 -平成28年経済センサス‐活動調査結果から-

◆クイズ記事一覧はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!