JR大住駅となり「taka m taka CAFE / タカタカカフェ」の個性豊かな本格スパイスカレー!【ALCOグルメ / 京田辺市】

ALCOグルメは記者が行った飲食店を紹介するコーナーです。

今回はJR大住駅の隣りに昨年OPENしたスパイスカレーとコーヒーのお店「taka m taka CAFE / タカタカカフェ」さんに行ってきました。
(価格、メニューの内容等については2019年5月16日時点のものです。)
タカタカカフェ外観写真

場所はこちら

(京都府京田辺市大住丸山33-3)

タカタカカフェさんへの行き方は…

タカタカカフェ行き方画像1国道24号線から京田辺市方面へ山城大橋を渡る

タカタカカフェ行き方画像2「ファミリーマート京田辺公園店」「田辺公園野球場」の交差点を右折。

タカタカカフェ行き方画像3山手幹線、健康ヶ丘の交差点を国道1号線方面に向かって右折。左手にお店があります。

JR学研都市線「大住駅」のお隣りで、駐車場(共用)もあるので便利です!

 

カラフル&ポップな店内にワクワク!

タカタカカフェ店内写真1イエローのスツール、空色の壁などカラフルで遊び心を感じるこちらのお店。店内にいるだけで何だかワクワクしてきます!ちなみに店主の西村さんも人をワクワクさせて下さるような素敵な方なんですよ。そして後でご紹介しますが、カレーやドリンクにも色んな楽しい美味しさが詰まっていました!

タカタカカフェ店内写真2棚にはスパイスがずらり。

こちらのカフェではスパイスカレーがいただけるとあって、「カレーの食後に合う様に」とオリジナルブレンドされたコーヒーなどもいただけます。(これがまた美味しい!)

ほかにも面白そうなメニューが沢山ありましたよ。たとえばスキレットで焼くシナモンのホットケーキ、スパイスとお出汁だけで味付けした本格的なスパイシーカリーうどん、コリアンダーとオレンジの風味を楽しめるアルコールドリンクなどなど…う~ん、色々気になります!

 

個性豊かな本格スパイスカレーたち

タカタカカフェ「カレー全体」写真カレーは週替りのものを含めて常時3種類あり、ライスはターメリックまたは玄米入り白米から選べます。2種がけ、3種がけもできますよ!

さらにガイヤーン(タイ風焼き鳥)などのトッピングメニューがあったりナンもプラスできるなど、自分好みに色々アレンジ可能。飽きずに楽しめそうですね。

写真は「マサラチキン」「海老のクリーミーマスタード」の2種がけ(1,050円)。

タカタカカフェ「マサラチキン」写真ではまず定番メニュー「マサラチキン」から、いただきます!

…と、ひと口目から何重にも重なったスパイスの爽やかな香りにノックダウン!ホールスパイスを使用されているとあって、フレッシュでスパイシーな香りが五感に響く美味しさです。クセになって半ば無意識にぱくぱく食べ進めていました。そして食べれば食べるほど、さらに味に奥行きが広がっていく感じ!

もちろん鶏肉やたまご、ターメリックライスとも相性抜群。さらに赤玉ねぎのピクルスや爽やかなキュウリ、トマトなど野菜たちのみずみずしい風味がカレーのコクや心地よい辛さを一層美味しく、楽しく、美しく彩ります。

タカタカカフェ「クリーミーマスタード」写真そしてこちら、「海老のクリーミーマスタード」も定番メニューの1つです!

マスタードの酸味とココナッツミルクのコクや甘さを楽しめるカレーで、辛さは控えめ。先ほどの「マサラチキン」とはまた違った美味しさを楽しめました。

ライスの上(野菜の下)には大きな海老が2尾隠れているのですが、これがまたぷりっぷりで美味しくて!マスタードを使用したキャロットラペの食感なども良いアクセントになって、マイルドでクリーミーなカレーともよく合います。本当に色んな味が楽しめるんですね!

と、こんな具合に2種のカレーをハフハフほお張っているうちに、気付けば汗が噴き出していました。決して辛すぎる事はなかったのですが…スパイスが体の中から効いてくるのかな?これからの季節にもぴったりですね!(なんて言いつつ年中食べたくなってそうですが。)

タカタカカフェ「ダルキーマ」の写真さて、今回は定番の2種を取材させていただきましたが、取材時にあった「今週のカレー」、ダルキーマ(ひよこ豆のキーマ)もご紹介しますね。

こちらのカレーはひよこ豆、挽き肉、トマト、玉ねぎなどの様々な風味に繊細なスパイスの香りやピリ辛な風味が混じり合って、異国情緒たっぷりの味わいでした!パクチーの香りも華やかなアクセントになってとても美味しかったです。

ひと口にスパイスカレーと言っても今回いただいた3種類がまったく違う雰囲気だったので、スパイスカレーへの興味がさらに湧きました。こうやってどんどんハマッていくんだろうな…。

タカタカカフェ「ジンジャエール」写真では最後にドリンクを1つご紹介しますね。体温まる5種のスパイスから作る自家製ジンジャー(480円 / カレーとセットで+300円)です!

生姜の風味と様々なスパイスの複雑な香りがハチミツの程よい甘みと相まって、思わず「美味しい!美味しい!」と連呼してしまいました。これだけでも飲みに来る価値がある!と思うほどのクオリティでしたよ。冬はホットで体もぽかぽか。

ほかにもコーヒーや紅茶はもちろん、マサラチャイやシロップを3日間かけて作ったレモンスカッシュなどもあるので、ドリンクメニューも色々楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

奥深~い、スパイスカレーの世界!

タカタカカフェ オーナーの写真1

「スパイスカレー」と聞くと「すごく辛いのかな?」と思う方もおられるかもしれませんが、タカタカカフェさんでは食べやすい辛さに調理されているとのこと。実際、辛さよりもスパイスの複雑な香りや爽やかさを感じましたよ!

そして気になるスパイスの配合ですが、「どのスパイスのどういった風味を前面に出したいか」などを考えながら決められるそうです。これがとても複雑で、スパイスの種類や量はもちろんですが、入れる順番によっても香りの立ち方が変わってくるそうなんです!

例えばこちらのお店でスパイスの種類も量も一番多い「マサラチキン」を作る際には、ブラウンマスタード、ブラックペッパー、クローブ、カルダモン…という順に、10種類以上のスパイスを加えていきます。さらに途中のタイミングで一度火を止めて1分ほど待ったりする事で、また香りが変わってくるそう!こんなに複雑な過程を経て、あの美味しいカレーができるんですね!

タカタカカフェ オーナーの写真2

そしてスパイスのみならず、サッパリと味付けされた野菜たちがカレーの美味しさを引き立てていたのも印象的でした。やはり野菜の下ごしらえにも時間をかけておられるそうで、例えば淡路島産の新玉ねぎを白ワイン、レモン、はちみつなどに漬け込んだり、キュウリをスパイスに漬け込む、などなど一つひとつを丁寧に。季節に応じて野菜の調理法を変えたり、スパイスもそれに合わせて調整されるそうですよ。

さて、そんなタカタカカフェさんは、オープンから1年余ですでに熱いファンを獲得しておられるようです。(神戸から通う常連さんもおられるそうですよ!)取材日にも男女問わず幅広い年齢層のお客さんで賑わっていました。

老若男女問わず、またスパイス好きの方には特におすすめのこちらのお店。気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか?(ちなみに店主の西村さんは役者さんで、舞台出演などがあるため不定休です。定休日、夜間営業などはInstagramでチェックして下さいね!)

 

taka m taka CAFE / タカタカカフェ 店舗情報

  • 住所 京都府京田辺市大住丸山33-3
  • 電話 0774-64-1656
  • 定休日 不定休
  • 営業時間 11:00~18:00(夜間営業も有)
  • ※定休日、夜間営業などはInstagramでチェック
    こちら
  • 全席禁煙(電子タバコOK)/外に喫煙スペース有
  • 駐車場 有(共用)
  • Origami Pay 可
  • 店舗情報は2019年5月31日時点のものです。

 

◆ALCOグルメ一覧はこちら