宇治の超人気店「晴耕雨読」さんの白味噌中華そば &汁なし担々麺!【ALCOグルメ】

ALCOグルメは記者が行った飲食店を紹介するコーナーです。

今回は宇治に5月25日にオープンしたラーメン屋さん、「晴耕雨読」さんに行ってきました。
(価格、メニューの内容等については平成30年6月18日時点のものです。)

場所はこちら

ハローワーク宇治の向かい側近くです。

オープンしてから連日行列の絶えない「晴耕雨読」さん。前を通るたびに気になって見ていると、老若男女、色んな層の方が来られているようです。
11時半オープンという事で少しでも空いている時間をねらって2時過ぎに到着しましたが、まだまだ列ができていました。
すごい人気!

並んでいると、こんな張り紙が。

なるほど。店主のツイッターには「トラブルの原因にもなりますが、それ以前にマナーとして守っていただける方にラーメンを食べていただきたい」とありました。
こんなお店、好きだわ~。「晴耕雨読」っていうネーミングだけでもすでに面白そうなのに。

さて、3時くらいに店内に入り、券売機へ。(メニューは曜日などによって変わります。)
ALCOスタッフの1人は「白味噌中華そば」(800円)を選択。今日の「白味噌中華そば」は「ピリ辛」だそうです。
もう1人は「汁なし担々麺」(850円)を選択。香酢とごまがあって迷いましたが、う~ん、ごまで!

一体どんな味なのか?評判の良いお店だけに、とても楽しみ。

まずは「白味噌中華そば」。
スープからはしっかりとした魚介の香りが。わわ、美味しそう!

「白味噌だから甘いのかな?」と思っていたけど、魚介を引き立てるように白味噌が加えられていて、甘すぎない。主張しすぎる事はないのに存在感がちゃんとある。良いアクセントでもあり、全体を優しくまろやかにまとめる重要な役割も果たす。(何か「人気歌舞伎俳優の良く出来た女房」みたいですね。)そして今日の「ピリ辛」バージョンは、割とパンチのある辛さで暑い時期にぴったり。

優しかったり辛かったり…その魅力に翻弄されながら麺をすする。麺はスープをしっかりキャッチする平麺。で、予想していたのと全然違う!でも美味しい!

魚介系のラーメンって色々あるけど、白味噌だったり平麺だったり色々と良い意味で期待を裏切られて…とにかく新しくて美味しい一杯でした。

そして、「汁なし担々麺」(ごま)。
何かすでに物凄く本格的な香りがするんですけどー!

さ、しっかり混ぜて。いただきます!

………これは凄い!一口食べて頭に浮かんだ言葉は「スパイスの魔術師」。深みのある、すごく清涼感があるのにずしーんと重みのある香り。辛さだけでなく舌に心地よい痺れを感じ(麻辣って言うのかな?)、食べ始めると止まらない!しかもお肉やナッツがごろごろ入って、香り、味、食感すべてに驚きがある。そのすべてが交じり合って、唯一無二の香りと味。(え、もしかして自分、今高級な中国料理店でご馳走されてる?)

ごまの深いコクに負けじと爽やかなスパイスの風味が広がって、クセになる。女子じゃなくても「こんなの初めて!」と目をキラキラ輝かせたくなる事間違いなし!そんな一杯でした。

さて、「晴耕雨読」さんに行かれる方は駐車場に気を付けて下さい。何せ人気店です。駐車場は2台あり近隣にコインパーキングもありますが、駐車台数は限られています。路駐などはしないように。くれぐれもマナーは守りましょう。

ちなみにお店はJR宇治駅から徒歩約15分、京阪バス「西町」を下車して徒歩約2分の場所にあります。

<近隣駐車場について>

①竹林さんの向かいに5台のコインパーキングあり。(店まで徒歩約2分)

②ニュータージマハルエベレスト宇治店さんの向かいに3台のコインパーキングあり。(店まで徒歩約4分)

神戸の超人気店「縁(えにし)」をされていた「晴耕雨読」の店主。ブログやツイッターからはラーメンへの情熱や「食材選びに妥協しない」事が伝わってきます。こだわりの食材には限りがあり、また手に入らない事もあるので、メニューは数に限りがあり、突然のメニュー変更の可能性もあるようです。確認してから行くのがおすすめです。

【晴耕雨読】
住所 京都府宇治市宇治池森20-1
営業時間 11時30分~15時
定休日 火曜日
(営業時間や定休日は変更の可能性があります。)
ツイッターはこちら
ブログはこちら