宇治に3つの史跡、1つの名勝が新しく誕生する予定!

この間「宇治古墳群3基を史跡に、宇治山を名勝に指定するよう文部科学大臣への答申があった」っていうニュースが入ってきたんやけど。

え?何?なんか難しそうやな。そもそも「3基」って何?

まったく難しないで。「3基」っていうのは古墳が「3つ」ってことやん。3つあんねん。まず1つ目は「二子塚古墳」。ほら、「前方後円墳」って知ってるやろ?

あー、それは昔社会で習ったわ。懐かしいな!

うんうん。これ、古墳時代後期に造られたんやって。墳丘の長さが112メートルもあって、府内最大規模なんやって。

へー。大っきいんや。

うん。ほんで「ヤマト政権との関係が深い」とか「古墳の広がりを示す貴重なもんや」っちゅー事で、今回史跡に指定されることになったんやって。

ふーん。で、ほかにも2つあるんやんな?

あとの2つは「二子山古墳」の北墳と南墳。古墳時代の中期に造られたらしいわ。

その2つも大っきいん?

この2つは円墳で、直径約40メートルと約30メートルなんやって。

へー。ほんで、最初「宇治山」も話に出てきてへんかった?

「宇治山」は「二子山古墳」がある「二子山」とか「仏徳山」とかでできてる山やねん。

えっと、「宇治山」は…何に指定されるんやっけ?

名勝やで。「『古今和歌集』とか『新古今和歌集』で昔から名勝地として親しまれてきた」って事で、今回名勝に指定される事になったらしいわ。

なるほどな。

もう1回最初に言った事のおさらいな。「宇治古墳群3基を史跡に、宇治山を名勝に指定するよう文部科学大臣への答申があった」って言ったんやけど、これ全部、今年中に答申通りに告示される予定らしいわ。

宇治に3つの史跡、1つの名勝が新しく誕生するんやな!良かったな。

うん、そやな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!