平成30年5月12日に宇治槇島にオープンした「OWN/オウン」。上質な革靴をよりカジュアルに楽しむライフスタイルを提案

平成30年5月12日、宇治槇島にオープンした「OWN/オウン」。スーツだけでなくカジュアルな装いにも上質な革靴を取り入れるライフスタイルを提案しています。
(記事の内容は平成30年8月19日時点のものです。)

場所はこちら

家具店「finger marks/フィンガーマークス」さんの敷地内にあります。

行き方は次のとおり。

①しまむらと万代宇治樋ノ尻店の通りを北向きに進む
②ここを右折(ローソンより手前)

③ビニールハウスの角を右折
④真っすぐ行くと左手に「OWN」さんがあります。

今回はオーナーの田村さんにインタビューさせていただきました。

ALCOスタッフ(以下A):革靴のお店を始められた経緯は?

田村さん(以下T):実は僕、昔はスニーカー派だったんです。革靴を履き始めたのは25歳くらいで古着屋さんで働き始めた頃。ヴィンテージの魅力に触れ、その素晴らしさを知りました。服の印象も革靴に替えるだけでガラッと変わりますし、革靴には全体のコーディネートをまとめる力もあります。意外と革靴の方がコーディネートしやすいんですよ。…それで革靴を履くようになったのですが、しばらく経ったある日、ふと10年前から履き続けている革靴が目に入ったんです。長い時を経てさらにその魅力が増した革靴―それを見た瞬間、改めて「これだ!」と思いました。誰かにこの良さを伝えたい、多くの人に良いものを長く使ってもらいたい、そういう強い思いから「よし、自分でお店を始めよう」と。


A:それからすぐに行動に移されたんですか?

T:はい。仕事を辞め、急きょイギリスに飛びました。イギリスでは自分自身が素晴らしい革靴と出会ったという経験もあります。革靴を買い付けに行くなら是非イギリスに行き、色々勉強してみたいと思いました。

A:すごい行動力と情熱!ちなみに店名の「OWN」からは「自分自身の」という印象を受けたのですが、どんな意味がありますか?

T:「O」は「old」です。使い続けて古くなった物。「N」は「new」。新しい、つまり今までにない物です。その間にある「W」は「will」、人の意思を表します。

A:なるほど。古い物と新しい物の間に意思があるんですね。


T:その話をある方にしたら「伝統工芸と似ている」と言われ、あぁそうかと思いました。古くから伝わる革靴の製法。伝統だけでなく、そこから新しい物も生み出していく。そう考えると共通点はあるかもしれませんね。


A:歴史あるものーそれがまた1人の人が履き続ける事で古く、さらに良い物になっていくのも先ほどおっしゃっていたヴィンテージの魅力ですね。ところでこちらのお店では革靴をオーダーメイドできるという事ですが、どういった流れになりますか?

T:まずはヒアリングをしながらどのようなモデルにするかを決め、色や素材などお好みの組み合わせでデザインを選んでいきます。それから足の採寸をし、サンプル靴で履き心地などの確認もしていただきます。お客様の声を聞きながら細かい調整をしていきますよ。足の形や悩みは一人ひとり違いますし、左右の違いもありますしね。最後にオーダーシートを作ってお見積もり、ご注文をしていただき、約45日後に完成、お引渡しとなります。


A:え、そんなに早いんですか!2~3ヶ月かかると思っていました。

T:できるだけお客様の気持ちが熱いうちにお届けした方が喜んでいただけますしね。

A:それは嬉しいと思います。あと、やっぱり価格がリーズナブルなのも嬉しいですね。色々相談に乗ってもらえてそれだけ手厚いのに38,000円(+税)からというのは有り難いです。

T:お客様の本当に求められている物を提供したいですし、やっぱり「革靴を気軽に楽しんでもらいたい」という気持ちがあるので。熟練の職人さん達のおかげです。


A:特に革靴を初めてオーダーメイドする方にとっては試しやすくて良いですね。若い方だと何歳くらいの方が来られますか?

T:昨日は19歳の方が来られましたよ。

A:え、若い!

T:喜んでもらえて僕もすごく嬉しかったです。一番嬉しいのはやっぱりお客様に喜んでいただけた時ですよね。お客様と一緒に良い物を作ったり、USEDの靴を購入される時でも相談にのったりお話をうかがったりしている中で、そんな喜びを感じます。

A:特別な日のプレゼントにも良さそうですし、色んな方に来ていただいて革靴の魅力を知っていただけると良いですね。

T:そうですね。既製品を買って終わり、ではなくてお客様と一緒に作ったオーダーメイドの革靴が、さらに修理しながら長く使っていただく中でお客様だけの一足となる―革靴の魅力は「使い捨て」の概念と反対のところにあります。女性の方にも是非気軽に来ていただきたいですね。


A:靴の相談だけをしに来ても…?

T:良いですよ!サイズを測りに来るだけでもOKです。

A:オーダーメイド以外にも色々な商品がありますしね。

T:そうそう。革靴に合わせられるカジュアルな服もありますし、もちろんイギリスから買い付けた革靴もあります。修理や買取もしていますし…うちの職人さんは熟練の方々なので、修理にも自信がありますよ。

A:素敵なアクセサリーもありますが…?

T:それ、実はうちの奥さんのハンドメイドです。よろしければこちらも是非!

【OWN】
住所 京都府宇治市槇島町月夜3-7 フィンガーマークス内
営業時間 10:00~19:00
電話 080-6186-9970
定休日 水曜日
駐車場 有
公式HPはこちら

◆近くのお店
宇治の超人気店「晴耕雨読」さんの白味噌中華そば &汁なし担々麺!
思いとともに生まれ変わる家具をー。職人のいる家具店「finger marks」【宇治槇島】