萬福寺法堂の屋根が創建当時の姿に復元!【京都府宇治市】

京都府宇治市「黄檗宗大本山萬福寺」のFacebookによると、法堂のこけら葺きが完成したようです!

 

現在、宗祖隠元禅師三五〇年大遠諱事業の一環として重要文化財(建造物)の保存修理強化対策が行われているとのこと。法堂の屋根は創建当時の姿に復元されたようです!

法堂(はっとう)のこけら葺きが完成!創建当時(1662年)の屋根へと復元されました。※宗祖隠元禅師三五〇年大遠諱事業の一環として、重要文化財(建造物)の保存修理強化対策を行っております。

黄檗山萬福寺さんの投稿 2020年8月25日火曜日

 

【萬福寺】
京都府宇治市にある黄檗宗大本山の寺院。1661年、中国僧「隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師」が開創。明治9年、一宗として独立し「黄檗宗」に。建造物は中国明朝様式を取り入れた伽藍配置。天王殿では黄金に輝く弥勒菩薩(布袋)坐像の姿を拝む事ができる。木魚の原型とも言われる開梛(かいぱん)も必見。一般の方も中国風の精進料理「普茶料理」をいただく事ができる。

 

◆ALCOではtwitterfacebookで記事の更新をお知らせしています。是非フォローして下さいね!