大人になったら何も食べない!?など「ホタルの雑学」5選

みなさん、今年はホタルを見ましたか?「もう見に行ったよ!」という方も、「まだ行ってないよ!」という方も、「別に毎年見に行かないよ!」という方も…ホタルの雑学で季節感を味わってみませんか?「ホタルの雑学」、5選です!

ホタルの画像

  1. ホタルが光っているのはコミュニケーションをとるため。光のメッセージでプロポーズもするのですが、何ともロマンチックですよね~!

  2. 夜、光りながら飛んでいるゲンジボタルは美しいですが、そのほとんどが何とオス。メスはあまり動かずに、ほのかに光を放っています。

  3. ゲンジボタルは東日本では約4秒に1回、西日本では約2秒に1回の間隔で光ります。関西のホタルはちょっと「いらち」なのかもしれませんね。(ちなみに東西のはざまでは約3秒に1回だそうです。)

  4. ホタルは英語で「firefly」(ファイヤーフライ)。火が飛ぶって…日本では火の玉を連想してしまうかも?

  5. ホタルの幼虫はカワニナという巻貝を食べますが、成虫したら水を飲む以外、何も食べません。体にたくわえた栄養がなくなってしまったら、命がつきます。切ないですね…。

◆おすすめ記事
2019年5月24日~6月9日、宇治市植物公園で「第14回 蛍ナイター」開催