平成30年4月27日にオープンしたアンティークカフェ「和楽(waraku)」に行ってきた!

平成30年4月27日、骨董を楽しむ洋食カフェ「和楽(waraku)」が中宇治エリアにオープンしました。
(記事の内容は平成30年4月30日時点のものです。)

追記:ALCOグルメで紹介しています。最新の記事はこちら
   ⇒宇治橋通り商店街近くのアンティークカフェ「和楽(waraku)」【ALCOグルメ】

場所はこちら

古民家を改装した隠れ家カフェです。行き方は次の通り。

①宇治橋商店街を宇治川に向かってうなぎの「ふな栄」さんのところを右折
②妙楽広場を過ぎて分岐を右へ

③食堂 山小屋さんの角を左折
④少し歩くと右手に「和楽(waraku)」さんがあります。

もともと古民家だったお店の中にアンティークの家具や漆器などがセンス良く配置され、どこか懐かしい雰囲気が漂います。

レジ前にある薬箪笥は必見。他にも様々な骨董品が並び、目を見張ります。こんなに素晴らしい骨董品ですが、最近ではその価値が分からず処分してしまう方が増えているのだとか。貴重な日本の文化が消えていくのはもったいない、ということで日本伝統のアンティーク漆器をこちらのお店で使うことを思いついたのだそう。お客側としても漆器でお料理が出されるなんて、すごく嬉しいですよね。 

ランチは1日限定20食の和楽御膳(2,000円)とカレーセット(カレー+サラダ、1,500円)。和楽御膳は以前宇治大久保にあったフレンチレストラン「F&S」のシェフが監修した欧風料理で、メイン料理はお肉とお魚から選択できます。深みのある漆器に盛り付けられた彩り鮮やかな和楽御膳、是非一度味わってみたいです。

※写真はプレスリリース時のもの。現在提供されている和楽御膳のイメージ写真は和楽さんのFACEBOOKをご覧下さい。⇒こちら

お重箱で出される華やかなスイーツ重(1,500円)もまた、目を愉しませてくれます。この何とも贅沢な感じはスイーツ好きにはたまりません!

さて、今回は店内でアイスコーヒーをいただきました。味わい深いアンティーク家具に囲まれた寛げる空間は忙しい日常を忘れさせてくれます。落ち着きすぎて、つい時間を忘れてしまいそうになるほど。またランチに寄せてもらう予定ですのでその時は【ALCOグルメ】で紹介しますね。

※撮影用にお膳に載せていただきました。

【和楽(waraku)】
住所 京都府宇治市宇治妙楽143-1
電話 0774-26-6155
営業時間 11:00~17:00(季節により変動)
定休日 水曜日
HPはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!