2018年12月1日~12月25日に開催中の城陽のイルミネーション「光のページェント TWINKLE JOYO 2018」に行って来た!【ALCOレポート】

2018年12月1日(土)~12月25日(火)の25日間にわたって開催されている城陽のイルミネーション「光のページェント TWINKLE JOYO 2018」!さっそく初日に行ってきました。
(記事内容等については平成30年12月1日時点のものです。)

場所はこちら

ボランティアの方々などの協力もあり、温かみのある様々な作品が並ぶTWINKLE(トゥインクル)JOYO。毎年遠方からも多くのファミリーやカップルなどが訪れています。

TWINKLE JOYOは今年で17回目。
開催初年度の平成14年を振り返ると…多摩川のタマちゃんが話題になったり、ソルトレークシティで冬季オリンピックが開催された年でした。
その頃からは城陽市の様子もずいぶんと変わってきていますね~。この日行われた点灯式では、城陽にアウトレットモールができる事なども言及されていました。
う~ん、感慨深い!

点灯式にはTWINKLE JOYOのキャラクター、イルミンちゃんも登場。
大人も子供も声を合わせてカウントダウンをし、最後に「てんと~う!」と声を合わせると…80万球の電球がいっせいに点灯し、「わ~っ!」と歓声が上がりました。

池にイルミネーションが反射してキレイ!

あっちもこっちもキラキラ~!

かわいい撮影スポットに子供たちも大はしゃぎでした!

今年、公園内にオープンしたLOGOS LAND(ロゴスランド)さんもイルミネーションを出されていたほか、飲食ブースや休憩スペースも出されていました。

お洒落な空間で素敵な時間を過ごせましたよ~。何気に置いてあるひざかけなんかも嬉しかったです。さりげない心遣い!

近くにはメリーゴーランドもあって…ちょっと外国っぽいかも?

…と思えば、和風のイルミも!宇治の誇り平等院。
荘厳な金閣寺もお目見え。(クオリティが高すぎる…!)

手をたたくと日の出が昇る仕掛けのある物もありました。

ステージではダンスや音楽のパフォーマンスもあり、飲食ブースもずらりと並んで華やかでした!ラーメン、カレー、フランクフルト、たこ焼き、ポテトなどなど…。縁日ひろばもありましたよ!

こちらは「小上海」さんの水餃子(300円)。皮も具材もスープも、ぜ~んぶ美味しかったです!

会場には所どころに座って食べられる場所が用意されていました。

最近では「ジョミナリエ」と呼ばれる事もあるTWINKLE JOYO。ニックネームが付くなんて、みんなに愛されている証ですね!

みなさんも是非、冬の楽しい思い出を作りに出掛けてみてはいかがでしょうか?
イベントの詳細は以前の記事をご覧下さいね。⇒2018年12月1日~12月25日に「TWINKLE JOYO 2018」が城陽市総合運動公園(鴻ノ巣山運動公園)レクリエーションゾーンが開催予定!

◆ALCOレポート一覧はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!