2018年11月27日に移転オープンした「昇苑くみひも 宇治本店」であこがれの手組体験を。【ALCOレポート】

1948年、宇治にて創業の「昇苑くみひも 宇治本店」さん。着物の帯締めなどから始まり、現在では様々な商品を展開されています。

2018年11月27日に移転オープンしたばかりの新しいお店は、若い方にもますます人気が出そうなとってもお洒落な雰囲気!店内の様子などは以前の記事をご覧ください。⇒こちら
お店の外観写真

さて、今回はこちらのお店で女性ALCOスタッフが手組体験をさせていただきました!
(記事内容等については平成30年12月6日時点のものです。)

まず事前に希望の色を伝えておきます(HPまたは電話で予約して下さいね)。抹茶色と赤色のほか、新色の藤色、クジャク色、濃紺色、黄色もありますよ。男性にも良いですね!今回はクジャク色(右の写真の色)にしました。

そして体験当日!ストラップ、バッグチャーム、ブレスレットの中から2つを選びました。迷いましたが、今回はストラップとバッグチャームを選択。(ちなみにストラップはさらに2種類のデザインから、ブレスレットは長いものと短いものから選べます。)

使用させていただくのは、初心者向けの四角い「角台」。組んだひもが自分の目の前で出来上がっていくので間違いに気付きやすいとのこと。ひもが台の下に出来ると目で確認しにくいのでちょっと不安になりそうですが、これなら安心です!

角台の周りには8つの木玉が下がっていて、持たせていただくと…見た目より重くてびっくり!それもそのはず、実はこの木玉はおもりになっていて、反対側にぶら下がっているおもりと共に適度な力を加える事で、誰が組んでも同じ様な仕上がりになるそうです。(この仕組みを考えた人、すごすぎる!)

さて、今回教わるのは8つの木玉を右回り、左回りと動かしていく「八ツ組」という組み方です。ちなみにこの木玉には24本ずつ糸が付けられています。出来上がったひもは一般的に「江戸紐(江戸打)」と呼ばれるものだそうですよ。「八ツ組」に「江戸紐(江戸打)」なんて、名前からして歴史を感じてワクワクします!

動かす順番を教えていただき、おそるおそるスタート。両手を使って2つの木玉を同時に動かしていきます。

間違えないように、間違えないように…。気付くと「白、白。ブルー、ブルー。白、白…。」と、呪文の様に唱えながらやっていました。(ブルーじゃないけど。クジャク色やけど。)無意識に出てしまうこの呪文は、「こうで、こうで…。」「こうして、こう。」など人によって違うようです。体験する時に自分がどんな呪文を唱えるか、気にしてみるとちょっと面白いかもしれません!


「角台は初心者向けなだけでなく、目の前で出来上がっていく楽しさも感じられますよ。」と教えていただいたとおり、ふと顔を上げた時に思った以上に出来ていて嬉しくなりました。

そして同じ作業を続けていると手も慣れてきて、頭で考えなくてもだんだん感覚で出来るようになってきました。(ピアノを弾く時なんかとちょっと似ている気がします。)

ふと気付くと、木玉と木玉がリズミカルにぶつかる心地いい音が。「最初の遠慮しながらやっているうちは音があまり鳴りませんが、慣れてくると音が鳴るんですよ。」とのこと。そうなんですね~。

ひもが組まれてきたら、指で下から持ち上げます。

木玉を転がして糸を出して…作業再開!これを繰り返します。その時のひもの状態をよく見るとどこから作業再開するかが分かるのですが、そういった事を教わりながら色々覚えていくのが楽しかったです。

単純作業を続ける楽しさに没頭していると…「あれ?合ってるかな?」と急に不安になったり、また快調に進んだり。(途中で自分が信じられなくなるのは、あるあるだそうです。スムーズにいきすぎるとふと自分を疑ってしまうのが不思議。)そして…「あっ!」

間違えたりもします。

でも先生が見て下さっているので大丈夫!軌道修正してまた組んでいき…(私の場合)30~40分ほどで完成しました。出来たくみひもを先生が切って下さり、飾りを付けてストラップとバッグチャームにして下さいました!
完成

やっぱり自分で組んだひもだと思うと愛着がわくものですね。嬉しい!可愛らしい形のストラップに糸の房の手触りも楽しめるバッグチャーム。くみひもの美しい色と形は、ずっと見ていても見飽きません。どちらも大切に使わせていただきます!

先生は明るい方で、笑顔で優しく教えて下さいました。お客様の反応を尋ねると、カップルでお互いに作りあってプレゼントしたり、家族で楽しく競争しながら作ったりと、様々な楽しみ方がある様です。

お客様の声は「前からやってみたかった!やっとできて嬉しい!」「実際に使える物だから良い。」などなど。その気持ち、とっても分かります!体験する事で「くみひもってこういう物なんだな。」と少し分かるのも良いですね。

体験された方がまた来られてプレゼント用に作ったりもされるそうですよ。贈る方も楽しいですし、こんなに素敵な手作りのプレゼントだったら贈られた方も嬉しいと思います。みなさんも是非、いかがでしょうか?

【手組体験】
場所 昇苑くみひも 宇治本店
人数 1回につき1~4名(小学5年生未満不可)
※完全予約制(1週間前まで、当日受付不可)
 HPまたは電話で予約
費用 2,500円(税込)/1人
開始時間 11時~、13時30分~、15時30分~(計3回)
所要時間 30分~1時間ほど

【昇苑くみひも 宇治本店】
住所 宇治市宇治妙楽146‐2
定休日 不定休(お盆、正月を除く⇒facebookInstagramで確認)
※2018年12月29日(土)午後~2019年1月4日(金)はお休み
営業時間 10:00~17:00
電話 0774‐66‐3535
HPはこちら
※車での道順はHPで要確認
※宇治橋商店街から徒歩で行くには…
①宇治川に向かってスーパー「Appro」の所を右折

②中宇治yorinの細道を通り抜ける

③正面に「昇苑くみひも」さんがあります!

◆近くのお店
中宇治yorinにオープンしたワインと鉄板焼きのお店「KOALA PARK」
平成30年6月1日にオープンしたうつわと暮らしの用品「ツナグ。」
中宇治yorinのかわいいお店。タルトと焼き菓子「ホホエミカ」
「しあわせ色の暮らし」を。宇治橋通り商店街「暮らし工房 家具のサワキ」
宇治橋通り商店街近くのアンティークカフェ「和楽(waraku)」
縣神社近くのカフェ「cafe de 桜(カフェ ド サクラ)」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!