きょう2021年7月17日ごろ、京都府山城地域も梅雨明け。今年の梅雨は観測史上、最長!【お天気ニュース】

きょう2021年7月17日(土)頃、京都府山城地域(※)を含む近畿地方が、平年より2日早く梅雨明けしました!(梅雨の入り明けは平均的に5日間程度の「移り変わり」期間があるため、日付は参考です。)

 

大阪管区気象台によると、現在近畿地方では雲が広がり雨が降っている所もあるものの、高気圧に覆われて晴れている所が多く、向こう1週間も太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みのため、「梅雨明けしたと見られる」とのこと。

今年の梅雨の期間は62日間で、梅雨入り・梅雨明けの記録が残る1951年(昭和26年)以来、最長となったようです! 

以前お伝えしたとおり、今年は観測史上最速の梅雨入りとなっていました。(以前の記事はこちら

※京都府山城地域:宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・久御山町・井手町・宇治田原町・木津川市・笠置町・和束町・精華町・南山城村の12市町村