地元野菜の美味しさを味わえる!月に2日間、「普賢寺ふれあいの駅」で提供される200円のカレーににっこり。【京田辺市】

京田辺市にある農産物直売所「普賢寺ふれあいの駅」で、地元の野菜やお米を味わえるカレーが毎月第2土・日に200円(子供 100円/幼児 0円/お持ち帰り +50円)で販売されています。

「普賢寺ふれあいの駅」外観画像カレーに入っているお野菜やお米はこちらの直売所で販売されているものだそう。夏には夏野菜、冬には冬野菜…と季節の野菜を楽しめるので「地元の野菜っておいしいな!」「旬の野菜っておいしいな!」と子供たちの食育にもなりそうですね。

 

カレーの画像2020年2月8日(土)、ALCOスタッフもいただいてきました。おいしい大根、ご~ろごろ。お米はとっても、もっちもち~!

注文がたくさん入って、途中でごはんがなくなるほどの人気っぷりでしたよ!

薪ストーブの画像木のぬくもりあふれる空間に薪ストーブが置いてあっていい感じ!普段見る機会が少ないからか、薪ストーブに興味津々で当たっている子供たちもいました。あったかいね~!

お店の方も温かくって楽しい雰囲気。思わずにっこり笑顔になる、素敵な時間を過ごさせていただきました。

ごちそうさまでした~!

と、外へ出ると…「しゃべる」自販機を発見!

「しゃべる」自販機画像ふむふむ…どうやらこの場所は自転車レース「ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージ」のスタート地点になっているようで、こちらの自販機では大会アンバサダーの三船雅彦さん(京都府出身/元プロロードレーサー)の声が聞けるようです!

(そう言えばこの日もサイクリストの方をお見かけしました!)

さっそくお金を入れると…「ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージのまち、京田辺へようこそ!」

あ、どうも~。

ボタンを押すと…「これでまだまだ頑張れるね。気を付けて!」

あ、今日は…車に乗って来ちゃいました。スイマセン。(でもまた機会があったら自転車で来ますね!)

ほかのメッセージも聞けるようなので、どんなセリフが飛び出すか楽しみですね!

そうそう、今回ご紹介したカレーは今日、2月9日(日)も提供される予定なので、気になる方は出掛けてみてはいかがでしょうか?(※10時半~なくなり次第終了)

お買い物も楽しめる~!

 

【普賢寺ふれあいの駅】
朝市から始まった京田辺市の農産物直売所。地元普賢寺でとれた美味しい野菜、くだもの、米、茶、加工品、花などを販売している。

(京都府京田辺市普賢寺小田垣内62)
HPはこちら

 

◆ALCOではtwitterfacebookで記事の更新をお知らせしています。是非フォローして下さいね!