読める?「茅の輪くぐり」【クイズ】

クイズ:6月30日に行われる「茅の輪くぐり」、さて何と読む?

①めのわくぐり
②ちのわくぐり
③よのわくぐり

答えは次の会話に出てきます。

もうすぐ6月30日やな。

え、それって何かの日やったっけ?

よぉ考えてみ。6月30日やで。

えー全っ然わからん。自分、誕生日やったっけ?

ちゃうわ。1年のちょうど半分やん。

ほんまや!

せやしその日は「夏越祓」が色んな神社で行われんねん。

ナゴシノハラエ…?

半年間の罪、けがれを祓って残りの半年間の無病息災を祈る神事やで。
ふーん。
ほんで6月30日を中心とした日に色んな神社で「茅の輪くぐり」しゃはんねん。
チノワクグリ…?
うん。茅(かや)で作った輪っかをくぐって罪、けがれを祓うんやで。
カヤって、かやぶき屋根のカヤ?
よー分かったなぁ。そやで!
一般の参拝者も「茅の輪くぐり」できるん?
できるとこが多いで。せやし今年は「茅の輪くぐり」やってる神社に行ってみよかな思てるねん。
あーちゃん罪、けがれたまってそやもんなぁ。
どーゆう意味やねん。

ということで、答えは②「ちのわくぐり」でした。

平成30年6月30日に荒見神社で大祓(夏越祓)茅の輪くぐりが執り行われる予定となっています。

◆関連記事
水無月はどうして三角形?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!