2018年8月4日(土)宇治橋通り商店街の「クラフトビール夜市」に行ってきた!【ALCOレポート】

2018年8月4日(土)、宇治橋通り商店街で開催された「クラフトビール夜市」に行ってきました!

場所はこちら(歩行者天国:服部医院前~お茶のかんばやし前 )

宇治橋通り商店街のサマーイベントとしてすでに定着している「クラフトビール夜市」。
今年もたくさんの人でにぎわっていましたよ!

それもそのはず、なんと13の醸造所が集結し50種類ちかくのクラフトビールから選んで楽しめるというビッグイベント。

食べ物、飲み物、路上ライブに加えて、子供たちが楽しめる無料のゲームや手作り体験コーナーなども色々あって、大人も子供も楽しんでいました!

気になっていた宇治橋通りオリジナルビール「土曜日の宴」(500円)はこちら。
カップには話題になっているラベルの絵が!(ラベルの絵はスタッフの方のTシャツにもプリントされていましたよ。)

こちらのビール、隠し味はなんと煎茶。口にした瞬間、「泡、美味しい!」ゴクゴクゴク…「飲みやすい!」そして、後味にはどこかグレープフルーツを思わせる煎茶の心地よい苦味…「こんなビール初めて!」最初から最後までとっても美味しかったです。ちなみにペールエールです!

行列ができるほどの人気ぶりで、なんと3時間ほどで300杯が完売になったとか。人気が出るのも納得の味でした。

ビールを飲むだけでも楽しいですが、さらに雰囲気を盛り上げていたのは歌や音楽の路上ライブ。常にどこかで音楽が流れているような感じで楽しかったです。やっぱり音楽って良いですよね~。時には手拍子したり、一緒に歌ったり。ほろ酔い気分で音楽にも酔いしれる空間、最高です。

こちらは桃山音楽隊 MOMONGAさん。普段は4人組みで活動されているそうです。

ノリの良いアイルランド音楽から子供たちが大好きなアニメソングまで色々な曲で楽しませてくれて、「ずっと聞いていたいな~。」
お洒落で楽しいメロディーとリズムに乗って、ビールをゴクゴク。あ~、幸せ!

では、もう1杯。
色々迷いましたが、美しい色に惹かれて「京都醸造」さんの「夕焼けの雫」(500円)を飲んでみることに。

乳酸菌の酸味があると聞いて「どんな味なのかな?」と思いながら飲んでみると、爽やかでとっても飲みやすく、美味しかったです!「発酵×発酵」できっと相性が良いんですね。ハイビスカスやミカンの皮も使われているそうで、大好きな味。美味しいだけじゃなくて美容にも良さそうなので、特に女性に喜ばれそうですね。

「そろそろお腹もすいてきたなー。」という事で、FOODを求めてうろうろ。「本家かまどや 宇治小倉店」さんの「牛スジの赤味噌煮込み」(ライス付 600円)にしました。ライスはサービスで大盛りに。わーい!ねぎとごまをかけてくれる時にも「全部かけても大丈夫?」と聞いて下さるお店の方の優しさ。もちろん大丈夫です。置いてあった一味もかけてみます。

6時間煮込んだ近江牛スジ、小倉で採れた大根、ちぎりこんにゃく…。味がしっかり染みてて美味しい!牛スジ、とろっとろ!ごはんが進む…というか、ごはんもつゆだくで美味しい。普段は販売されていないメニューという事で、食べられて良かった。

さて、お腹も満たされて夜風に吹かれながら気持ち良く歩いていると、意外と子供たちがたくさん来ている事に気付きました。手作りコーナーで作ったお面を付けて嬉しそうな子供たちや、色とりどりのわたがしを手にはしゃぐ子供たち。こどもビールや駄菓子ブースも大人気だったようで、早い時間にほとんど売り切れていました。

周りを見渡すと、皆さん楽しい雰囲気に包まれて仲間とワイワイおしゃべり。良いですね~。リフレッシュしてまた頑張れそう!お店の方の笑顔にも元気をもらったり、とっても素敵なイベントでした。今年行けなかったという人も来年訪れてみてはいかがでしょうか?美味しい食べ物や楽しい音楽もあるので、ビール好きの方はもちろん、お酒が飲めない方も楽しめると思いますよ。



◆関連記事
1日限りのコラボ氷、「ホホエミカ」×「嘘と僕」のキャラメルミルクセーキビスケット氷を食べて来た!

◆近くのお店
平成30年6月1日にオープンしたうつわと暮らしの用品「ツナグ。」
縣神社近くのカフェ「cafe de 桜(カフェ ド サクラ)」【ALCOグルメ】
宇治橋通り商店街近くのアンティークカフェ「和楽(waraku)」【ALCOグルメ】
JR宇治駅前の茶壺ポストのモデルを堀井七茗園さんで発見!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!