今日、7月25日は何の日?

1933年7月25日が猛暑日だったため制定されたという、「かき氷の日」。
そう、本日7月25日は「かき氷の日」なんです!
(7月25日は「うま味調味料の日」でもあります。)

かき氷と言えばさかのぼること約1000年、平安貴族も楽しんでいたと言います。

でも冷凍庫がなかった時代、どうやって氷を用意したのでしょうか?
そのお話はまた後で。

現代では様々なかき氷を色々な場面で楽しめますね。

家族でかき氷器を囲んだり、お祭りの屋台で食べるのも夏っぽい!
そして最近の流行は、お店でお洒落なかき氷。

今回はALCOスタッフ注目の宇治城陽のかき氷やイベントを3つご紹介したいと思います。

  1. 城陽「旅籠屋 ’利兵衛’ by MATSUYA」さんの抹茶のエスプーマかき氷

    こちらのお店は城陽の老舗和菓子店「御菓子司 松屋」さんの新ブランドとして昨年10月にオープンされました。「御菓子司 松屋」さんは江戸時代に旅籠屋 として誕生し、明治時代に和菓子屋を始められた歴史あるお店です。時代とともに進化し続けてきたお店の歴史を感じつつ、かき氷をいただいてみてはいかがでしょうか?

    価格は850円(税別)、販売時間は14時~17時(売切れ次第終了)。今月出た新商品ですが、すでに待ちが出るほどの人気です!

    【旅籠屋 ’利兵衛’ by MATSUYA 寺田本店】
    住所 京都府城陽市寺田東の口44-54
    電話 0774-57-5711
    定休日 火曜日(他不定休)
    駐車場 あり

  2. 1日限りのコラボ氷、『ホホエミカ』×『嘘と僕』のキャラメルミルクセーキビスケット氷

    なんと、宇治の「ホホエミカ」さんで大人気のキャラメルビスケットマフィンをイメージしたかき氷!「嘘と僕」さんが心を込めて削る氷に、ミルクセーキソース。さらにたっぷりのキャラメルソースに、「ホホエミカ」さん特製ビスケット。これはもうたまりません!価格は1杯800円(税別)です。

    日時 8月4日(土)11:00~17:30(売切れ次第終了)
    場所 中宇治yorin ホホエミカ
    ※限定50杯、先着順(予約不可)
    ※テイクアウトのみ

    ちなみに8月4日(土)はすぐ近くの宇治橋通り商店街で「クラフトビール夜市」も開催されます。かき氷を食べて夜市でぶらぶら…も楽しそうですね!

  3. 削り師「totti」さんの限定かき氷!

    8月18日(土)、削り師「totti」さんの限定かき氷が再び中宇治yorinにやって来ます。
    この日のために考えられた特別なかき氷。
    どんなかき氷が登場するのでしょうか?

    予約方法など詳細が決まり次第、Instagramで更新予定だという事です。
    気になる方は是非チェックを!
    @tsunagumarket
    @totti_7.14
    @usotoboku

    日時 8月18日(土)
    場所 中宇治yorin

さてさて平安時代のお話に戻りますが、当時は冬に集めた氷を氷室に入れて、夏まで保存していました。
氷を保存するのはとても大変なので、かき氷はとても高級な食べ物だったそうですよ。

清少納言の『枕草子』に登場したかき氷は、上品なものとして「水晶」や「藤の花」と並べて称賛されました。

削った氷はそれくらい美しく風流なものだったんですね。

いつの時代も変わらない夏の風物詩。
今年の夏は平安貴族の生活に思いを馳せつつ、かき氷を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!