ランチにパンのフルコースを! 「旅籠屋 ’利兵衛’ by OHSHIMA」【ALCOグルメ】

ALCOグルメは記者が行った飲食店を紹介するコーナーです。
今回は城陽市役所の近くの「旅籠屋 ’利兵衛’ by OHSHIMA」さんに行ってきました。
(価格、メニューの内容等については平成30年5月7日時点のものです。)

場所はこちら

住宅街にあります。

城陽の老舗和菓子店「御菓子司 松屋」さんが2017年10月11日に新ブランドとして城陽市役所の近くに「旅籠屋 ’利兵衛’ by MATSUYA」をオープンしました。そして2018年2月1日、その2階にパンのフルコース(ビュッフェスタイル)が食べられる「旅籠屋 ’利兵衛’ by OHSHIMA」がオープン!

平日にもかかわらずお店は大盛況でした。それもそのはず、京都初の「パンのフルコース」というだけでなく、素材にこだわり丁寧に焼き上げたパンを提供する「PIE & SANDWICH OHSHIMA」さんのパンがビュッフェスタイルでいただけて、しかもスープやサラダ、ドリンクもおかわり自由という夢のようなお店なんです。

前菜パンから始まりメインパン、そしてデザートパンと順番にビュッフェ台に並べられていく様子は「フルコース」さながら。この日は前菜パンにオープンサンドやキッシュ、サンドイッチなどが並び、メインパンにはカレーパンやピザ、ドッグサンドなど、デザートパンにはクリームパンなどが並びました。

  • 前菜パン

  • サラダ・スープ・ドリンクもおかわり自由

  • メインパン(メインディッシュのパンが新たに並びます。)
    おすすめ!塩ロール
    おすすめ!塩ロール

    OHSHIMA 特製カレーパン
    OHSHIMA 特製カレーパン

    季節の焼きたてピザ
    ドッグサンド各種
  • デザートパン(終盤にデザートパンが並びます。)

座席は55分間の完全入れ替え制なのですが、熱々の「塩ロール」を口にした時、その意味が分かりました。「美味しいパンをできるだけ美味しいタイミングで食べられるように」とお客様目線で考え抜かれた、パン好きにはたまらないシステムなのです。

パンのフルコースという新しい体験にワクワクし、様々な種類のパンを少しずつ贅沢にいただくことができて大満足でした。どのパンも美味しく優しい味わいで、パン好きなら1度は訪れたいお店です。予約優先ですが今後ますます人気が出ると思われますので、かならず事前に予約される事をおすすめします。


個室を利用することもできます。詳細はお店に問い合わせて下さい。

【旅籠屋 ’利兵衛’ by OHSHIMA】
住所 京都府城陽市寺田東の口44-54
電話 0774-26-6632 ※予約優先(受付時間 8:00~16:00)
定休日 火・水(他不定休)
営業時間
平日①12:05~13:00 ②13:15~14:05
土日①10:55~11:50 ②12:05~13:00
価格
ランチビュッフェ 1,250円(税別) 小学生以下750円(税別) 3歳以下無料
ハンバーガープレート 1,380円(税別)
個室 あり
駐車場 あり
※店舗情報は平成30年5月現在のものです。

◆近くのお店
城陽市役所近くにオープンしたフルーツサンドとスイーツのお店「千馬 MIYABI」
城陽の天然酵母食パン専門店「プルンニャ」
城陽の老舗和菓子店「御菓子司 松屋」の新ブランド「旅籠屋 ’利兵衛’ by MATSUYA」
「THE MATSUMOTO KITCHEN」で上質なコース料理を。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!