2021年4月にスタートした城陽農育クラブ。子どもたちが活動している畑に行って来た!【城陽市】

2021年4月から城陽市内でスタートした城陽農育クラブ。

体験農園「城陽キッズファーム」、総合的な教育の取り組みを行う「マゼルプロジェクト」による新たな企画で、農業体験などを通じて子どもたちが色んなことを学べるみたいです!

「楽しそう~!」「どんな雰囲気?」「実際の様子を見てみたい!」

という事で、さっそく畑におじゃまして来ましたよ~。

※こちらの記事は城陽農育クラブ様の提供です。

きらきらの太陽に、ふっかふかの土。あっ!カエルがぴょこぴょこ。そんな楽しい畑に、続々と参加者の皆さんが集まりました。

マゼルプロジェクト代表の隼人ポルナレフさんによると、城陽農育クラブでは体を動かす農業体験だけでなく、食育講座などもあるようです。

専門家の先生が来られたり、子どもたちが食品や栄養などについて理解を深めたり。

そしてなんと、商品開発や販売体験までできるみたい!(ワクワクですね!)

運営はボーイスカウトのようなスタイルで、大人の方の管理のもと、子どもたちが学年の枠を超えて交流できます。楽しそう~!

農業体験では月に1回みんなが集まる「活動日」と、週に1回当番制で除草や水やりを行う「当番日」があるようです。

そしてこの日は「活動日」!

上の学年の子が新しく入ってきた子にさつま芋の苗植えを教えてあげたり、玉ねぎを元気よく引っこ抜いた子が笑顔で皆に見せていたり、収穫したての玉ねぎを生で食べて「甘い!」と発見があったりと、何だか色々楽しそう!

高校2年生の女の子は、「みんなと一緒に作業できるのが楽しいです!私は小さい子も好きだし、みんなとの会話も大きな楽しみの一つです!」といきいき話してくれました。

そして畑作業の一番の魅力はやっぱり、「自分で育てて収穫できること!」だそう。ここで学んだ事を学校の活動にも活かしているそうです。充実してるなあ~。

さてさて。

この日収穫した玉ねぎは、一つひとつ上下の部分を切り落としていきます。

作業を行いながら、「農家さんっていつもこんな事をしてくれてるのか…大変なんだな~」という学びもあったみたい。

それから、にんじんのまわりの雑草も抜いて…あれ?あっちは草ぼーぼー。

これは「あえて草抜きをしないとどうなるか」という実験でした。

結果が楽しみですね!

そんな楽しい畑作業の後には、ロゴスランドで予定している秋のマルシェに向けて作戦会議!

「育てたさつま芋をどんな商品にして、どうやって販売するか?」

う~~~ん。

スイートポテト?大学いも?スープなんて、どうかな?

あれこれ案を出し合って、事前準備のしやすさや当日の状況なども考えて…イメージはふくらんでいきます。

その結果…

事前に作っておけるジャムと、その場で揚げるライブ感が楽しめる天ぷらに決定~!(ぱちぱちぱち。)

今回はマルシェの計画でしたが、地域の飲食店の方に協力してもらって付加価値の付け方や販売戦略などについて考えたり、実際に商品をお店で扱ってもらう事もあるようです!

そしてこの日の最後は、かかし作り。

「あれ?腰のところがヘンな形~!」「あはは!もっとワラを入れよう!」なんて言いながら、みんなで作業を分担し、協力して作っていきます。

最初はのこぎりに慣れていなかった子も、大人の方のサポートでびっくりするほど上手になってましたよ!

「かかしの家族を作ってみるとか?」「お父さんとお母さん、子どもの3人にしよう!」なんて声が聞こえてきましたが…一体どんなかかしになっていくのか?

楽しみは今後に続きます!

ということで、この日の作業はこれにて終了。

この日初めて参加した小学4年生の男の子にお話を聞いてみると、「(こういった体験は)初めてだったけど楽しかった!」とのこと。

見学されていたお母様も、「違う年齢のお子さんと一緒に作業できるのがとても良いなと思いました。さつま芋の苗植えなど、普段なかなか出来ない事も体験できて良いですよね」とお話してくださいました!

城陽キッズファームの田中康裕さんにお話をうかがったところ、城陽農育クラブでは色々役に立つ知識が学べるのはもちろん、栽培から販売まですべての工程を経験できるので、子どもたちが「こういう分野は得意」「こんな作業をするのが好き」といった事を知るきっかけにもなるそうです。(なるほど!)

また「実際に商品を販売するので、お客さんの反応や喜ぶ顔が見られるのも良い体験になるのでは」とのことでした。

さらに将来的には「マルシェのイベント自体も子どもたち主体で企画できれば…」といったことまで考えておられるそうですよ!

皆といっしょに頭と身体をいっぱい動かして、幅広い内容を学べる体験。ここでの学びやみんなとの思い出は、一生の宝物になるかもしれませんね!

 

城陽農育クラブ

場所 城陽キッズファーム
住所 京都府城陽市水主宮馬場11
HP https://mazel.pro/event/nouiku1/?fbclid=IwAR37I3yjROSVJ9GTqxxEjQue8xICVYqBCNpkHKqjxRwiQCQPQkRoR4_BzCc
対象学年 小学校4年生~高校3年生
※不登校のお子さんや学校に所属していない方も歓迎
※保護者の方の同意を取れる方
※積極的に畑作業に参加できる方
人数(1期生) 10名まで
月謝 6,000円
※年間契約(最初の2か月はお試し期間で月払いOK)
※別途、入会時に材料費 7,000円(お試し期間終了後でOK)
※収穫した野菜はお持ち帰り
2021年4月オープン
場所はこのあたり

 

※PR・撮影等のご依頼はこちら