2019年7月6日(土)、今年も宇治川の鵜飼が始まりました!【フォトニュース / 宇治市】

本日2019年7月6日(土)から宇治の夏の風物詩、鵜飼が始まりました!鵜飼の画像

宇治川の鵜飼は何と平安時代にも行われていたと言われています。その後しばらく途絶えた時期がありましたが、大正15年に復活。現在は女性の鵜匠さん(鵜をあやつる方)の活躍でも知られています。

鵜飼の画像2

平成26年には日本で初めて人工ふ化でウミウが誕生し、一般公募によりウッティーと名付けられました。さらに先月、そのウッティー(1号)が産んだ卵から初めてヒナがかえったばかり。幸先の良い令和元年のスタートとなりました。鵜飼の画像3

宇治川の鵜飼は9月30日まで行われる予定です。

◆関連記事
「鵜飼」が語源になっている、冬に特に大切な事とは?(2019年2月9日のクイズ記事)

◆ALCOではtwitterfacebookで記事の更新をお知らせしています。是非フォローして下さいね!