昨日2019年7月11日、宇治市生涯学習センターで「第4回 宇治 地域クラウド交流会」が開催されました。【宇治市 / ニュース】

昨日2019年7月11日(木)、宇治市生涯学習センターで「第4回 宇治 地域クラウド交流会」が開催されました。

地域クラウド交流会は「つながる。広がる。うまれる。起業家の応援を通じて地域活性化。」をテーマにビジネスマッチングの場をもうけ、クラウドシステムによって地域の起業家を応援する交流会型イベントです。

起業家の方のプレゼンタイムの前に、武人画師 こうじょう雅之さんのライブパフォーマンス、市長からのご挨拶、アイスブレイク「大人の本気の」ラジオ体操第1などがありました。

市長は起業家の方が宇治からたくさん生まれて欲しい、市としても全力でサポートする、など前向きな意見を述べられました。ラジオ体操では小西さん(えびす屋)のお手本に合わせ、参加者皆で体を動かしました。

今回起業家プレゼンをされるのは、こちらの5名。左から、株式会社WABISUKE 岡崇嗣さん、合同会社re 居宅介護事業所レクス 東一武志 さん、繁の 梅澤育代さん、Mt. SUMI 清水克彦さん、合同会社 akari 井上麻里さん。

プレゼンタイムの制限時間は3分間。皆さん限られた時間を上手く使って、ご自分の事業環境やこれからやりたい事などを熱心にプレゼンされていました!

その後は交流&投票タイム。

6つの投票ブースがあり、自分が名刺交換したい所で投票できる仕組みです。皆さん名刺交換をして、思い思いに投票されていました。

会場のあちこちでも多くの方が積極的に名刺交換をされていて、活気に溢れていました。皆さん楽しそうにお話されていて、「このような機会がないとなかなか他業種の方と話せないので有り難い」といった声も上がっていました!

入口で名刺を渡すと会場に張り出してもらえるのですが、交流タイムではこの名刺を見て気になる方、会いたい方をスタッフの方にアナウンスしてもらう事ができます。(ALCOスタッフも呼んでいただきました。ありがとうございます!)

次に「応援し隊」の紹介・PRがあり、いよいよ先ほどの投票結果が発表されます。

見事、1位を獲得したのは…株式会社WABISUKE 岡崇嗣さんでした!岡さんにはサイボウズ社のkintone(キントーン)1年分(8万円相当)が贈呈されました。

さんは大学時代にメキシコ留学し、とあるきっかけで養鶏場を志されました。2013年4月に南丹市で平飼いを始め、2017年3月には地元で開業したいと宇治で法人化。現在も平飼いにこだわって育てていらっしゃり、有名なホテルでもこちらの卵が使用されているそうです。岡さんによると、世界では人にも鶏にも優しいケージフリーの育て方が広がっているとのこと。そして宇治で卵を広める為の直売所が欲しいとお話されていましたが、今回見事1位となり、少しでも地域にお返しできればと喜んでおられました!

続いて4名のプレゼンターの方々からもご挨拶があり、お次はQRコードを使ってのクラウド体験。イベント参加者のリアルタイム満足度が集計され…なんと80%以上が満足という結果に!宇治商工会議所の長谷川専務理事からのご講評の後、過去3回オーガーナイザーを務められた津田さん(写真右)が登壇。今回の満足度が上々だったという事で、今年のオーガナイザーの山部さん(写真左)にサイボウス社からオーガナイザーの認定印が授与されました!

最後に山部さんからもご挨拶があり、皆で記念撮影。皆さん良い笑顔でした。

その後、隣の産業会館でアフター交流会がありました。受付で会社名を記入し、テーブル番号を受け取ります。こちらも気軽に交流できる仕組みになっていました。食べ物やお酒を交えて、先程とはまた違う雰囲気で交流。中にはこんな事をしたい!と熱弁されている方も。(ALCOスタッフも多くの方と交流させていただきました!)

そして最後になりましたが、肥後祐亮さんによるグラフィックレコーディングもすごかったです。楽しく見やすく分かりやすい!頭の中が整理できて、理解が深まりますね。

 

 第4回 宇治 地域クラウド交流会 イベント概要

  • 日時 2019年7月11日(木) 18:30~20:30(開場18:15)
  • 会場 宇治市生涯学習センター
  • 会費 1,000円
  • 主催 京都信用金庫
  • 共催 近畿経済産業局・宇治市・宇治商工会議所 
  • ※地域クラウド交流会は、サイボウズ株式会社の登録商標です。

 

◆ALCOではtwitterfacebookで記事の更新をお知らせしています。是非フォローして下さいね!