カニの恩返し?【クイズ】

クイズ:木津川市の蟹満寺に伝わる「カニの恩返し」とは?

「カニの恩返し」って知っていますか?そう、鶴ではなくてカニです!今回のクイズは「カニはどうやって恩返しをしたか?」です。

その昔、観音様を信じる心やさしい父と娘がいました。

ある日、娘は村人に捕まったカニを見つけて逃がしてやります。

またある日、父はヘビに飲まれそうになっているカエルを助けてやります。

ところがこの時、父はヘビにとんでもない事を言ってしまうのです。

「娘を嫁にやるからカエルを助けてほしい。」(わっ!口すべった!)

その夜、人間に化けたヘビが娘をもらいに来ます。

父は「三日待ってくれ。」とお願いします。

ヘビは帰って行きました。(うそっ!物分かりいい。)

三日後、父と娘は板を打ち付けた部屋の中で観音様に祈っていました。

家に入れないヘビは「約束がちがう!」と怒りだします。(そりゃそう。)

家の周りで暴れまくるヘビ。

ところが突然、その音がパタリとやみます。

次の朝おそるおそる見に行ってみると、家の周りにはカニのはさみで切り裂かれたヘビの死体が…。

カニとヘビの屍を葬り、その塚の上に観音堂を建てたのが蟹満寺だと言われています。

現在毎年4月に蟹供養が行われているそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!