2020年8月31日から業務開始予定の京都府城陽警察署新庁舎に潜入!【ALCOレポート / 城陽市】

新名神高速道路の建設にともない、ただいまお引越し中の城陽警察署。2020年8月31日(月)から業務開始予定の新庁舎に潜入!京都府城陽警察署の画像1

 

京都府城陽警察署の画像2現場に到着!

3階建てから4階建てに生まれ変わった新庁舎(4階・屋上は倉庫等)。駐車場も広く見通しも良くなり、高齢の方でも以前より車が停めやすくなっている!

京都府城陽警察署入口通路の画像ドキドキしながら中に入ると落とし物、交通関係などの窓口が一目瞭然。

天井には木材が使われていて、警察のイメージがちょっと和らぐ!?

京都府城陽警察署コミュニティルームの画像こちらは1階入り口のコミュニティルーム。今回新しく出来たスペース、その目的は?

う~む…机に椅子、上にはスクリーンも…。

なるほど、交通安全の教室なんかに使われそう!

「交通や防犯に関する内容なら住民主体の催しなども出来る」という情報も入ってきた!

って…あれ?警察には厳しいイメージがあったけど、実はそれだけじゃない?

警察は地域の人たちの味方。なんか温かいイメージ!

さてさて、2階へ上がってみよう。

刑事課、取調室、留置事務室。こ、ここには世話になりたくない~!

というわけでスタコラサッサと3階へ。

お!京都府城陽警察署道場の画像広い道場!悪いヤツらに立ち向かう為、日々訓練しているというわけか~。

武術を身に付けた警察官、頼りになる~!

そしてこっちは…京都府城陽警察署講堂の画像広~い講堂!

朝礼とか発表とか…やっぱり偉い人が壇上に上がる事が多いのかな。

じゃあ、上がってみるか!

って、いざ上がってみたら全員こっち見ててドキドキしそう~。

窓からはこんな景色が。京都府城陽警察署新庁舎から見た旧庁舎の画像おぉ、あれは旧庁舎!そして建設中の道路の橋脚!

思えば旧庁舎が建築されたのは平成3年。

時代は令和、城陽のまちも変わりゆく…。

今までありがとう、旧庁舎。

消防と警察が隣り合っていたあの時代。

消防本部も移転して少し距離が離れたけど、一定の距離を保つのも今の時代にふさわしいかも。

そしていよいよ、2020年8月31日(月)午前0時から新庁舎での業務が開始する。それと同時に旧庁舎での業務は終了するから、くれぐれも間違って旧庁舎に行かないように!

(取材協力:京都府城陽警察署)

 

京都府城陽警察署新庁舎 概要

  • フロア構成
    4階・屋上 倉庫等
    3階 武道場・講堂・生活安全課・警備課
    2階 刑事課・取調室・留置事務室
    1階 受付・コミュニティルーム・会計課・警務課・地域課・交通課
  • 庁舎構造 鉄筋コンクリート造
  • 駐車場 62台(うち外来者用26台)
  • 敷地面積 4,126㎡
  • 延床面積 3,426㎡
  • 災害発生への対策 震度7の耐震性・停電時に72時間以上稼働できる自家用発電設備を設置・豪雨時に一時的に貯水できる調整池を設置
  • 環境への配慮 庁舎全体の照明をLED化・太陽光発電を設置・建物の内装に府内木材を利用
  • 令和2年8月竣工

 

◆ALCOではtwitterfacebookで記事の更新をお知らせしています。是非フォローして下さいね!