2018年10月6日に文化パルク城陽で開催された「五里2のさとクラフトフェスタ」に行ってきた!【ALCOレポート】

2018年10月6日(土)に文化パルク城陽で開催された「五里2のさとクラフトフェスタ」に行ってきました。

到着したのはお昼の12時半くらい。朝から雨が降ったり止んだりしていましたが、結構たくさんの人たちが来ていましたよ!

今回のイベントでは屋内だけでなく屋外にも出店ブースがあって、それだけでも普段とちょっと雰囲気が変わるんだな~、と思いました。

まずは屋内へ。階段を降りてすぐに目に入ったのが、電車のジオラマ。宇宙を走り抜ける機関車も!

「すごい!銀河鉄道999の世界!」「見て!こっちの電車、動いてるー!」そこへやって来た子供達も、電車を囲んで楽しそうにワイワイ。こちらも楽しい気分になってきました!

近くをぶらぶらしていると、可愛らしい動物さんたちと目が合って…「か、かわいすぎる!こっち見てるー!」「キーケースになってたりとか、実際に使えるアイディアもすごいな!」

ほかにもオシャレな雑貨や温かみのある雑貨など、あっちもこっちも見るところがいっぱい!「見て、あれ。オシャレ~!」「これなんかも良くない?」と、個性豊かな作品の数々に次から次へと目移りしてしまいます。作家さんのセンスの良さと作品のクオリティの高さがもう!さらにさらに、色んな種類の紅茶や工夫を凝らした木製玩具、何とマジックまで!色々あって楽しかった~。

それから、体験型のブースも色々あったのが印象的でした!子供達はもちろん、少女の様にキラキラした笑顔でフェルトのクラフトを楽しんでいるおばさま方の姿も!(本当に素敵なイベントですね~。)

ハロウィンの季節にぴったりのアイシングクッキーの体験や、温かみのあるフェルトボールで「カラフルいもむしくん」を作るコーナーも発見。「ポップでめっちゃ可愛いな!」「こんなん出来るんやな~!」

ちょうど体験している子供達がいて、ものすごい集中力を発揮していました。(楽しそう…!)作品ができ上がった子はとっても嬉しそうにしていましたよ。よかったね!

色々見ているうちに、さらに多くの人たちでにぎわってきました。1時をまわってお腹もすいてきたので、食べ物ブースが並ぶ屋外へ。

さっそく「くちーな・おるそ」さんのパスタを発見し、「自家製スモークチキン しめじのクリームソース」(自家製ぱん付き、600円)を注文することに。本格的なイタリアンが手軽に楽しめて嬉しい!いただきまーす!

「わぁ、スモークチキンの香りが本格的~!」「スモークの中でもすごいお洒落な香りやなぁ。めっちゃ美味しいわ!」きのこの旨みとチキンのスモーキーな香りが秋を感じさせます。チーズやクリームとの相性も抜群で、上品な美味しさのパスタでした。噛みしめるほどに美味しいくるみパンと交互に食べると美味しさも2倍、いや3倍!?

次に発見したのは、「珈琲処ぼん」さんの妖しい雰囲気ただよう「目玉ソーダ ラズベリー味」(300円)!「ひゃ~っ、何これ!」「あはは。ハロウィンっぽいし面白いな、コレにしよ!」

甘酸っぱいラズベリー味のソーダに目玉が3つ。「2つやと普通でしょ。だから3つに。」なるほど!3つも入ってるから「妖しい感」がアップしてるのか…コワ面白い~!

目玉ソーダは以前イベントに出した事があって、お客さんからリクエストがあったので「皆さんに楽しんでもらえれば」と今回も作る事にされたそうですよ。

おみやげには「Caf’e m-alie(カフェ マリエ)」さんのシフォンケーキを買って帰ることに。素敵な仲良し親子に試食をさせていただいて、いちじく(500円)にしました。オフィスに帰ってもまだ楽しみがある…ふっふっふ。

…というわけで会場を後にし、オフィスでお仕事。そして休み時間に満を持して、シフォンケーキをぱくっ。「いちじくが濃厚~!」「美味しいなぁ。なんか幸せな気持ちになるわ。」そんな事を言いながらぱくぱくぱく…と、一瞬にしてお腹の中へ。素敵な休憩タイムまで過ごせて大満足の1日となりました。

◆ALCOレポート一覧はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALCO宇治・城陽をフォローしよう!